格安航空券で節約旅行!

image 1旅行の準備にあたって最も慎重になるのが移動手段の手配。旅費の中で大きな部分を占めるだけに、それなりの予算を見積もっていてもなかなか即断できないところではないでしょうか。

そんな時に対象となるのが格安航空券です。以前は専門に扱う代理店に限られていた航空券ですが、インターネットの普及や競争激化によって簡単に検索から比較、さらには購入までできるようになりました。行き先や日程を入力すれば直行から経由便が瞬時に並び、料金の差や航空会社などが一目でわかる大変便利なツールです。大手旅行代理店をはじめ、現在では多くの航空会社でも正規料金とは異なる低価設定の航空券を見つけることができます。

この時点で表示されたものから選び出すことはできますが、「節約」にこだわるならこの先のちょっとしたヒントも見逃したくないところです。_x0008_例えば、日中移動しやすいとされる時間帯を外すことや、敢えて最寄りの空港以外で利用できそうな空港も条件に足してみれば、思いもよらないオプションを目にすることもあります。また週末や平日で料金設定が違う場合もありますし、往路と復路の日にちも融通のつく範囲で何通りか挙げてみるとさらに低料金の便に出会う可能性が増えたりもします。

格安航空券の値段。

image 1一昔前には一年に一度乗るか乗らないかというくらい庶民にはなかなか手の届きづらかった飛行機での旅行。2時間も乗れば目的地に到着する飛行機に乗りたいのを我慢して、安上がりの高速バスや新幹線で5時間も6時間もかけて目的地を目指していました。
しかし、近年は格安航空会社の格安航空券による価格破壊が起こり今では高速バスや新幹線よりも安い金額で利用出来るくらい身近なものになりました。そして気になる格安航空券のお値段はどの程度なのかというと、羽田から福岡間の片道を例にすると、スターフライヤーで最安値で980円というとんでもない値段を見ました。これは期間限定の商品になりますが、通常の料金であっても6000円から高くても12000円という値段です。つい5年程前には、片道で一番安い値段で羽田から福岡間往復で40000円程しました。JALやANAは往復で50000万円以上の値段でした。
昨今の価格破壊がいかにすごいかお分かりいただけると思います。また大手航空会社も刺激を受けて時間帯での割引や期間限定のサービスを大々的に行うようになりました。このように格安航空会社の参入は私達消費者にとってはとても素晴らしいことです。